無添加ドッグフードランキング

↓↓↓↓↓↓↓

獣医師もオススメする安全安心フード!

>>無添加ドッグフード「NDFナチュラルドッグフード」の詳細はこちら♪<<

このエントリーをはてなブックマークに追加 

全年代共通記事一覧

角膜炎とは眼をこするなどして刺激やウイルス感染などして角膜に炎症が起こる病気をよびます。角膜とは眼球の表面を覆っている透明の膜で炎症を起こすと様々な障害を起こします。角膜炎の主な症状は眼が炎症を起こし痛みがあるために眼をこすったり、床に顔をこすりつけたりする行動が見られます。また以前より目やにが多くでたり涙目になっているような症状もみられます。角膜炎の病状が悪化すると結膜の充血や角膜が白く濁ったり...

マイボーム腺炎とは簡単に言うとまぶたの部分にできるものもらいのことをいいます。マイボーム腺とはまつ毛の表と裏の部分にある油脂を分泌する腺のことをよび、この腺が炎症を起こすことをマイボーム腺炎といいます。症状はまぶたの周りが赤く腫れあがることがあります。また涙や目やにが多く出て眼が開けずらくなることがあります。痒みをともなう場合に注意しないといけないのは、眼をこすったり床にこすりつけたりした際に角膜...

尿石症とは尿路結石ともよび尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石という物ができる病気です。この結石の大きさは様々で、できる場所によって病状も様々です。一般的には尿道の炎症や尿管に結石が詰まる事で排尿に支障がでる場合もあります。最悪の場合は尿毒症や膀胱破裂といった重病にもなることがあります。尿石には様々な種類がありその種類によって原因や治療法が異なります。まずストルバイトという尿石は膀胱に多...

膀胱炎とは細菌感染や寄生虫などによって膀胱が炎症を起こす病気をいいます。犬の泌尿器官の疾患としては一番多い病気でもあります。また一般的に尿道が細く長い雄犬より尿道が太く短い雌犬のほうが病気を発症しやすい傾向があります。症状としてはまず頻繁にトイレに行くようになります。その際の尿にも変化があり尿の色が濁ったり血尿がでたりする事もあります。排尿の際に尿が出にくくなったり、普段より食欲が落ちるなどの症状...

外耳炎とは外耳道が炎症を起こす病気です。炎症を起こす原因は真菌や細菌、寄生虫などの感染によります。外耳炎はたれ耳のミニチュア・ダックスやゴールデン・レトリバーに多い傾向にありアメリカン・コッカー・スパニエルは特に重症になりやすいので注意が必要です。症状として外耳道が炎症を起こすためにべとべととした匂いのきつい耳垢がたまります。また痒みも伴うためにしきりに耳をかいたり後ろ足で引っかいたりする事があり...

細菌性膿皮症とは細菌感染によって皮膚が炎症を起こす化膿性の皮膚病の総称です。感染する細菌は様々ですが主にブドウ球菌などによる細菌感染が多い傾向があります。症状は細菌感染の程度によって様々であり種類によっても違います。膿皮症の種類として子犬に多い浅在性、夏に多い表在性などに分かれます。主な症状としては発赤や脱毛、発疹やかさぶたが見られます。病状が悪化し細菌感染が深部にまで達してしまうと腫れや痛みが激...