無添加ドッグフードランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 

小型犬記事一覧

犬には原産地がありますが、プードルにおいては原産地の特定が難しいほど古くからヨーロッパ各地にいたという歴史があります。プードルの誕生には様々な説がありますが、その中でも有名な説はドイツから持ち込まれた水辺の猟を得意とする犬が祖先とするものや、南欧の水中作業犬との混血説があります。またプードルには別名にフレンチプードルと呼ばれる事もあり、これは人気に火がついたのがフランスであったからだと言われていま...

チワワの歴史は世紀からあり原産地はメキシコでありメキシコ一帯に住んでいたトルテック族が飼っていたテチチが祖先だという説があります。1850年頃にメキシコからアメリカに渡り現在のチワワになったとされています。チワワは小型犬の中でももっとも小さい部類にはいりますが、体全体のバランスは非常に良く筋肉も発達し、見た目以上に敏感な動きをします。なんといってもアップルドーム型の頭に大き目の耳、また愛くるしい大...

ダックスフンドの原産地はドイツです。ダックスフンドという名前もドイツ語であり、アナグマ犬という訳になります。これは本来ダックスフンドが猟犬でありアナグマ猟に使用されていたことからこの名がついたとされています。現在もドイツでは猟犬として活躍しています。日本ではとても可愛いイメージが強いミニチュアダックスフンドが特に人気があります。本来のダックスフンドとは体系が異なります。猟犬のダックスフンドは成犬時...

ミニチュアダックスフードの原産地はドイツです。ダックスフンドはダッケルやデッケルとも呼ばれその歴史は中世の時代にさかのぼります。狩猟の時代には狩りに適した犬が次々に生み出されダックスフンドもその中の一種だったとされています。その為に狩りに非常に適した体系をしており特に名前の通り穴グマの狩猟にむいています。その体系は小動物の巣穴に潜りこんだりできるようにダックスフンド独特のあの胴長短足の体系になって...

ポメラニアンの原産地は北ドイツのポメラニアン地方だとされています。現在では愛玩犬といわれるぐらい愛くるしい表情や行動で人気があるポメラニアンですが、その先祖はアイスランドやラップランドの氷原でソリを曳いていた大型のスピッツ族サモエドだったとされています。この大型スピッツがドイツに移入され、それ以降にヨーロッパに広まりイギリスでで小型化され現在のポメラニアンになったとされています。ポメラニアンはヨー...

ヨークシャー・テリアの原産地はイギリスとされています。現在では非常に気品があり愛くるしい表情で人気のヨークシャー・テリアですが現在のイメージとは少し違った歴史ももつ犬です。ヨークシャー・テリアは起源が19世紀頃で害獣狩猟犬とされていました。害獣とはこの頃でいう主にねずみの事をいい、ヨークシャー・テリアはこれを狩る害獣狩猟犬でした。ヨークシャー・テリアはイギリスのヨークシャー地方で生まれたとされ様々...

パピヨンの原産地は古くからヨーロッパ地方に生息していた小型のスパニエルとして知られていますが、その正確な起源はいまだに明らかにはなっていません。16世紀頃にはスペインとフランスの貴婦人たちの間で人気があり、あのマリー・アントワネットもこのパピヨンを溺愛したとされています。その頃から飾り気のある大きな耳が蝶の羽のように見えることから徐々にパピヨン(蝶)という名にふさわしい変化が現れはじめました。現在...

シー・ズーの原産地はアジアで祖先犬はチベット原産のラサ・アプソとペキニーズを繁殖させたタイプとされています。シー・ズーは愛玩犬として生まれ皇帝に献上されるほどの犬で歩く姿も優雅です。19世紀後半の女帝、西太后が宮廷内で1000〜4000頭を飼育していたのは有名な話です。体高は20〜27cm、体重は4〜6kg程度になります。大きな瞳と短い鼻、全身を覆う体毛が大きな特徴です。シー・ズーの性格は愛玩犬と...

フレンチ・ブルドッグの原産地はフランスとされています。フレンチ・ブルドッグの歴史は19世紀のイギリスにありノッティンガムの町ではブルドッグが非常に人気がありました。その中に非常に小さな体で体重が約10kg以下のブルドッグがいました。19世紀の半ばにこのノッティンガム地方にいた大勢のレース職人達がフランスに集団移住した時にこの小型のブルドッグが一緒に移入されました。これがフレンチ・ブルドッグの起源と...

ミニチュア・シュナウザーの原産地はドイツです。ミニチュア・シュナウザーの歴史は19世紀後半にさかのぼります。現在の愛らしい外見とは少し違い、農作業やネズミ捕りのために誕生しました。この犬はテリア種の中でゆういつヨーロッパの島々で生活していた犬たちに祖先を持たず、スタンダード・シュナウザーとアーフェン・ピンシャーを掛け合わせた犬種になります。シュナウザーという名はドイツ語で小さいひげという意味をもち...

マルチーズの原産地はマルタ島です。マルチーズの歴史は紀元前1500年頃にマルタ島にフェニキアの水夫達が持ち込んだ犬が祖先であるといわれています。犬の中では3000年以上もの長い歴史を持ち、犬の遺族とも呼ばれています。またほとんどの小型犬の祖先は狩猟犬や農作業犬だったものを小型化した犬が多いですが、このマルチーズは祖先犬より愛玩犬だったことも知られています。マルチーズという名は地中海のマルタ島からと...

ウエルシュ・コーギー・ペンブロークの原産地はイギリスです。ウエルシュ・コーギー・ペンブロークの歴史は古く起源は明らかにはなっていません。古い書記には11世紀にウェールズの牧畜犬が描かれており、この犬が現在のウエルシュ・コーギー・ペンブロークだとされています。この犬は南ウェールズ地方の農家には必要不可欠な犬種でした。コーギーは牛追いをする時に牛の蹴りを上手くかわしながら脚に噛み付いたりして要領よく牛...

パグの原産地は中国です。パグの歴史は多く、さまざまな名前で呼ばれてきました。オランダでは鼻をぶーぶーと鳴らす特徴からモプスホンド、ドイツではモプス、イギリスではダッチ・パグ、チャイニーズ・パグといった具合に多くの名前があります。パグという名前の由来もさまざまで、頭の形が握りこぶしに似ていた事からパグナス(ラテン語で握りこぶし)といわれたという説や、18世紀に人気があったパグモンキー(しし鼻の猿)に...

ミニチュア・ピンシャーの原産地はドイツです。ミニチュア・ピンシャーの歴史は古く起源は17世紀だといわれています。この犬はドーベルマン・ピンシャーを小型化かした犬種ではなくミニチュア・ピンシャーとしてもっと古くから存在していました。ミニチュア・ピンシャーはジャーマン・ピンシャーとダックスフンド、イタリアン・グレーハンドを掛け合わせて作られた犬種だとされています。1800年頃にドイツでレー・ピンシャー...

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの原産地はイギリスです。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの歴史は古く17世紀頃といわれています。この犬種は小型のスパニエル系とチベタン・スパニエルなどの東洋犬を掛け合わせて産まれたとされています。イギリスのチューダー王朝時代のスパニエルはコンフォーター・スパニエルとも呼ばれ飼い主の膝や足を温めたりして湯たんぽのかわりになったりする事もありました。...

ジャック・ラッセル・テリアの原産地はイギリスです。ジャック・ラッセル・テリアの歴史は19世紀半ばにイギリスのデヴォンシャーに住んでいたパーソン・ジョン・ラッセルが作り上げたトランプという犬が、祖先に当たる犬といわれています。ジョンはキツネ狩りの熱狂的な愛好家であったためキツネ狩の際にキツネを巣穴から追い出すことができるテリア種を作ろうと考えていました。ジョンの熱心な活動により現在のジャック・ラッセ...

ビーグルの原産地はイギリスです。ビーグルの歴史は非常に古く起源は14世紀頃だとされています。イギリスでは14世紀頃まで野ウサギ狩が盛んに行われていました。この際にビーグルのような猟犬が活躍していました。ビーグルの名前の由来にも様々な説があり歌うような綺麗な鳴き声のため古いフランス語で開いたのどという意味である説や、フランス語で小さいといった意味からついた名という説など様々です。19世紀半ばまでに多...

ペキニーズの原産地は中国です。ペキニーズの歴史は古くはっきりとは分かっていません。現在の中国が唐の時代にはペキニーズの繁殖が王宮の後援によって大々的に行われ、多くのペキニーズが王族の一員として至れりつくせりの溺愛を受けていたとされています。中国の皇帝たちは小型のペキニーズを袖に入れて可愛がっていたため、袖犬とも呼ばれていました。1860年頃にはイギリスに持ち込まれ、一頭がヴィクトリア女王に献上され...

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの原産地はイギリスです。ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの歴史は19世紀頃が起源であり、害獣狩猟犬として活躍しました。この犬種はキツネやアナグマなどを駆除する事に従事しイギリスのスコットランド地方で害獣捕りをしていました。一時期はダンディ・ディンモント、スカイ、ケアーン、スコテッシュ、そしてウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはそれぞれ異なる特徴を持ち...

アメリカン・コッカー・スパニエルの原産地はアメリカです。アメリカン・コッカー・スパニエルの歴史は19世紀頃が起源になります。鳥獣猟犬として古くから活躍してきたアメリカン・コッカー・スパニエルはイングリッシュ・コッカー・スパニエルが小型化されたものだとされています。19世紀後半の猟師はウズラなどの小さな鳥を主な獲物としていたため小型の猟犬が必要でした。その頃に活躍していたイングリッシュ・コッカー・ス...

ボストン・テリアの原産地はアメリカです。ボストン・テリアの歴史の起源は19世紀になり、他の犬種と違いはっきりと文書に書き残されている犬種です。1865年頃にアメリカのボストン市で裕福な階級に雇われていた馬車の卸者たちが、雇い主達が飼っていた犬同士を交配して誕生したのがホッパーズ・ジャッジといわれる犬種です。しかしこの犬種は体重が13kgにもなるため小型の雌犬と交配がおこなわれました。その結果誕生し...

シェットランド・シープドッグの原産地はスコットランドになります。シェットランド・シープドッグの歴史は19世紀が起源になります。この犬種はコリーやボーダー・コリーに似ており祖先犬は同じスコットランド地方で飼育されていた牧畜犬だとされています。この牧畜犬の中にひときわ体の小さな犬種がおり、この犬種はシェットランド諸島で発展しこれが現在のシェットランド・シープドッグの起源だとされています。その後、イギリ...

イタリアン・グレーハウンドの原産地はイタリアです。イタリアン・グレーハウンドの歴史は明確には分かっておらず現在の小型のイタリアン・グレーハウンドの起源も明確ではありません。この犬種に近いものが存在していた事はトルコ、ギリシャ、そして地中海周辺などで発見されています。この中には2000年以上も遡るものもあり古代より祖先犬が存在していた事が想像できます。小型化されたイタリアン・グレーハウンドは中世頃に...

ブルドッグの原産地はイギリスです。ブルドッグの歴史は13世紀が起源とされています。ブルドッグといえば独特のしかめっ面で非常にユニークな外観を持ちますが、歴史も他の犬種と違い変わったものを持っています。この犬種の起源は当時のイギリスで流行っていたブル・バイティングというスポーツだといわれています。ブル・バイティングでのブルドッグの役目は牛を攻撃する事で興奮させ気を狂わせる事でした。一度牛の鼻に噛み付...