ドッグビットの成分とその安全性

ドッグビットの成分とその安全性

犬といっても、大きさも犬種も年齢もそれぞれ。
犬によって消化吸収しやすいフードは異なります。
そんな犬にあったドッグフードを展開しているのが、「ドッグビット」です。
でも、ドッグビットはどんな原料で作られているのか、ご存じですか?
愛犬に与える毎日のフードですがら、ちょっと気になりますよね。
今回は、ドッグビットの成分などを見ていきます。

ドッグビットの成分

ドッグビットで評価すべき点といえば、「高タンパク質」ということでしょう。犬はそもそも肉食動物
タンパク質を最も必要とする生き物なんです。そんな犬に必要なタンパク質、ドッグビットには、なんと27%以上も含まれているんです!!
ドッグフードで理想的なタンパク質の割合は「22%以上」。
なかなか満たしているドッグフードはないのですが、ドッグビットはこの水準をクリアしている数少ないドッグフードなのです。

ドッグビットの安全性

高タンパクというドッグフード、ドッグビット。
ただ、気になるのは、使われている素材です。ドッグビットの主原料は穀類
犬に必要な「動物性」のタンパク源ではないのです。
さらに、フードを日持ちさせるための添加物も含まれています。
この添加物、ドッグビットの場合、天然由来成分なのですが、やはり含まれないものの方が安心です。

 

毎日食べるものだからこそ、安全性にはこだわりたいですよね。
愛犬の健康維持にオススメできるのは、「無添加ドッグフード」。
添加物を一切含まないドッグフードです。
このドッグフード、添加物を含まないと言うだけでなく、主原料が肉や魚といった良質な動物性タンパク質。
高タンパクで安心、安全なドッグフードなんです。
健康は日々の積み重ねで作られるものです。是非、無添加ドッグフードを選ばれてみてはいかがでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加