いぬのしあわせの成分とその安全性

いぬのしあわせの成分とその安全性

 

愛犬にはいつまでも元気で、長生きしてほしいですよね。
そんな飼い主の気持ちをドッグフードに込める。
それが「いぬのしあわせ」です。「20歳」という年齢は、人間にとってみれば成人、これから人生が始まるというような年齢ですが、犬は一般的に20年も生きることが出来ないと言われています。15歳生きれば長寿。
そんな犬の寿命を「20歳」まで引き上げようというモットーを掲げているのが、「いぬのしあわせ」なのです。

いぬのしあわせの成分

いぬのしあわせの成分表を見てみると、タンパク質22%以上とあります。
犬が一番必要とする栄養素は、タンパク質。
良質なドッグフードは22%以上タンパク質が含まれることが理想と言われている中、いぬのしあわせは優秀。理想通りの数値です。
さらに、フィッシュコラーゲンやビール酵母など、いつまでも若々しく過ごすために必要な成分も含まれています。

いぬのしあわせの安全性

高タンパク質のいぬのしあわせですが、原料表をみてみると、主原料は「穀類」。
つまり、植物性のタンパク質です。
人間にとってみれば、植物性タンパク質は消化に良く、健康維持に一役買ってくれるのですが、犬は別。
肉や魚を主食とする肉食動物である犬は、植物性の食材をうまく消化吸収できないのです。
さらに、「酸化防止剤」や「発色剤」といった添加物が含まれていることも気になります。
添加物は人間にとっても犬にとっても、健康には良くない物質。出来るだけ避けたいものです。

 

愛犬に長生きしてもらうために、理想的なドッグフードはどのようなものなのでしょうか。
それは、主原料が良質な動物性タンパク質で、添加物を一切含まないもの。おすすめは「無添加ドッグフード」です。
毎日食べさせてあげるものだからこそ、こだわりたいですよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加