注意!犬のしつけはただ叱れば良い訳ではない?

注意!犬のしつけはただ叱れば良い訳ではない?

 

ガミガミ叱ってばかりの上司。
そんな上司の下で、モチベーションを落としていく部下たち。そんな構図、会社ではよく見られますよね。
これは犬のしつけでも同じことが言えるのです。
何でもかんでもガミガミ怒るばかりでは、犬もなぜ怒られているのかわからないまま、ストレスばかりが溜まっていってしまいます。
犬のしつけにも「正しい叱り方」が必要なんです。

正しい叱るときの声

犬をしつけるとき、効果的なのは「低い声」です。
犬の聴覚はとても鋭く、人間がそれほどうるさいと思わない音でも、耐えがたい「騒音」になってしまうほどです。
しかも、声色も敏感に感じ取り、どのような状況か理解することもできるのです。
「飼い主は怒っている」と瞬時に理解できるのは「大きい声」もそうですが「低い声」が一番なのです。

叱るタイミング

いけないことをしたあと、「ダメ」「いけない」と注意するとき、ちょっとしたコツが必要になります。
それは、いたずらをした直後に注意するということ。
このタイミングがとても大切になってくるのです。
いたずらをした直後であれば、犬自身も何に対して怒られているのかちゃんと理解することができます。

 

しかし、しばらく経ってからだと、何に対して怒られているのか理解できないのです。
ですから、いたずらをしている瞬間に起こる、または、いたずらしてしまった場所まで連れてきて、これは誰がやった?いけない!と怒る。
何に起こっているのか理解できるように叱ることが大切なのです。

決して叩かない

暴力は飼い主に対して恐怖しか植えつけられません。
しかし、いたずらっ子には少し厳しくしつけないと、言うことを聞かない。
そんなときに効果的なのは、ケージを叩く、犬の目の前でパチンと手を叩く、といった大きな音を立てることです。
もちろん、大きな声をあげることもいいのですが、大きな声ばかりあげていると、犬も慣れてしまい言うことを聞かなくなりがちです。
そんな時は、強烈な音をケージを叩いたり、手を叩いたりして出すことで、犬もビックリし、注意を聞くようになるのです。

 

 

犬もやはりガミガミ怒り続けている飼い主はあまり好きではないようです。
大切なのは、メリハリ。いい子にした場合は思いっきり褒めてあげる。
いけないことをしたら、犬が何に対して怒られているかわかるように叱る。
こうすることで、飼い主をリーダーと認め、慕ってくれることでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加