ブルブル震える寒い冬!愛犬の寒さ対策は大丈夫ですか?

ブルブル震える寒い冬!愛犬の寒さ対策は大丈夫ですか?

 

そもそも暑さに弱いと言われている犬。冬は雪の中を走り回っているイメージですよね。
けれど、犬種によっては、寒さに弱く、防寒対策が必要な犬種もいるんです。
寒さ対策が必要な犬種とはどんな犬なのでしょうか?

 

寒さに弱い犬種

犬には「シングルコート」と「ダブルコート」という、二種類の被毛の生え方があります。
ダブルコートは、「二重構造」と言われる被毛の生え方のことで、オーバーコートという外側に生える被毛と、アンダーコートという内側に生える被毛で成り立っています。
これは、いわゆる「防寒目的」で発達した被毛の生え方だと言われています。つまり、ダブルコートの犬種は寒さに強いのです。
一方、「シングルコート」の犬種は、オーバーコートない、一重構造の生え方。
こういったシングルコートの犬種は、被毛による防寒機能が弱いので、寒さの厳しくなる真冬は人間同様防寒対策が必要になるのです。

 

寒さ対策 屋内編

家の中など室内では、敷物を敷いて冷たい床に直に当たらないようにすることが、最も簡単な対策です。
これだけでは、まだぶるぶる寒がる可能性があります。そんな時は、ホットカーペットを敷くと良いでしょう。
人間も足元が温かくなりますし、犬にとっての防寒対策にもなりますし、一石二鳥です。

 

寒さ対策 屋外編

どんなに寒い日でも、散歩は欠かせません。外に出るときは、人間と同じようにコートのような温かい洋服を着せてあげると良いようです。
犬用の洋服はファッションとしてだけでなく、防寒具としてその機能を発揮します。
犬に服を着させることに抵抗を持つ飼い主の方も少なくないと思います。
家で着ている必要はありませんが、外に出るときだけ防寒目的に着させることはおすすめです。

 

 

犬も冷えは大敵です。なんの対策もせず、雪道を歩かせ続けると、しもやけになってしまったり傷を負う可能性もあるので、配慮が必要なのです。
ただ、暑がり寒がりには個体差がありますので、その子その子にあった防寒対策を考えるようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加