愛犬が散歩中にオシッコ・ウンチをした時の対応

愛犬が散歩中にオシッコ・ウンチをした時の対応

 

犬の散歩と言えば、トイレを済ませる意味合いも兼ねている。
そういう飼い主の方は多いと思います。
確かに屋外でトイレを済ませられれば家の中は清潔ですし、後処理も楽です。けれど、散歩中のトイレは実はマナー違反ってご存知でしたか?

 

なぜ散歩中にトイレを済ませてはいけないのか?

犬の飼い主にとって、散歩とトイレをセットにして考えている方は少なくありません。
しかし、町中、特に電柱にひっかけられたおしっこや、放置されたままのウンチを道行く人が見て、いい気分にはなりません。やはり、町は公共の場。犬を飼わない人への配慮も必要なのです。

 

犬のトイレの場所を決める

犬のしつけの中で、散歩は散歩、トイレはトイレと認識させることは大切なのだそうです。
散歩のときにウンチ袋を持って行き、おしっこをしたら水をかけてにおわないように配慮する。
これが守れている飼い主もいますが、散歩とトイレをごっちゃにしておくと、犬に主導権を奪われがちになるのだとか。
散歩中なのに「今トイレするから待ってて!!」と、犬の都合に合わせることになってしまいます。自然と犬優位の構図が出来上がってしまうのです。
こうしたことを避けるためにも、トイレの場所を決めておき、「ここでトイレをしなさい」と、人間が指示を出すという構図にもっていくことが、大切なのです。

 

 

同じ外に出るという行動でも、「トイレの場合」と「散歩の場合」を理解させておくと、犬も言うことを聞きやすくなるといいます。
トイレの時はもちろん、おしっこ用の水にウンチを取るウンチ袋を忘れずに。
ただ、散歩中ももよおしてしまう場合もありますから、おしっこ用の水とウンチ袋は、最低限のマナーと心得て、持ち歩くようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加