犬が苦手な人必見!犬と仲良くなる方法

犬が苦手な人必見!犬と仲良くなる方法

 

犬は人間を見ると、犬好きかどうかわかると言われています。
確かに、初対面の人でも尻尾をふって近寄っていく人もいれば、威嚇してしまう人もいます。
どうしても犬に吠えられてしまう人。犬のこと苦手だなと思っていませんか?でも、犬と仲良くなるにはコツがあったんです。
今回は犬と仲良くなれるコツについてまとめました。

 

突然近づかない

犬は初めて出会った人について「安全かどうか」様子を見ています。
そんなときに、突然、近づいていくと驚いてしまい、一気に警戒心を強めてしまうのです。
犬は自分の領域、テリトリーを強く持っている動物です。突然近づかれると、自分の敷地内に見知らぬ人が「侵入してきた」と思ってしまうのです。
まずは、犬の様子をうかがいながら、少しずつ近づくと良いでしょう。

 

正面からじっと見つめない

動物は基本的に、じっと見つめられることを嫌がります。なぜなら、見つめることは「威嚇」と同じことだからです。
心を許している飼い主でさえ、じっと見つめられることを嫌がり、すぐに目をそらしてしまいます。
ですから、初対面だと「敵意」を感じてしまい、ケンカ腰になってしまう可能性があります。
目をじっと見つめるのではなく、犬全体の姿を見ては離す、という具合に、視線を一点に集中させない方が良さそうです。

 

頭から撫でない

人間でもそうですが、それほどの仲でないのに頭を触られることは、嫌悪感さえ抱きますよね。
「何、馴れ馴れしくしているんだ」と・・・。この感情は犬も同じようで、まずは犬が撫でられたい部分を撫でると良いようです。
胸のあたりや顎のあたりから触れると、犬の警戒心も溶け、自然とすり寄ってきてくれるかもしれません。

 

 

犬にも感情がありますから、されて嫌なことを避ければ、警戒心が薄らぎ、犬が苦手な方でも威嚇したり吠えたりしなくなるはずです。
早速試されてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加