犬と海外旅行に行くときに注意するポイント

犬と海外旅行に行くときに注意するポイント

 

愛犬との旅行は、一生忘れられない思い出になります。
犬は人間よりも早く虹の橋を渡ってしまう。だからこそ、特別な旅にしたいですよね。
旅先が海外であれば、なお一層、特別な経験になるでしょう。でも心配なのは、海外旅行は日本のように自由が利かないこと。
言葉の問題もありますし、愛犬を連れているとなると事前に調べておかないといけないことがたくさんあります。
今回は、移動手段の「飛行機について」知っておくべきことをまとめました。

 

犬が乗れる飛行機か?

基本中の基本ですが、飛行機の中には犬を乗せることができない場合もあります。
フライトの前に航空会社に問い合わせて、犬が乗れるものか確認しましょう。さらに、犬種によって制限している場合もあるのです。
パグやブルドッグなど、マルルの短い犬種は、飛行中の気圧の変動で呼吸困難に陥るリスクが高いそうです。
こうした犬種と海外旅行を考えている場合は、フライト前に獣医に相談し、予防法や対処法を教えてもらうと良いでしょう。

 

犬はどこに運ばれる?

一般的に犬は「貨物扱い」。
ですから、荷物の運搬を同じ扱いになるので、客席ではなく専用の貨物室に運ばれることになります。
ケージに入れて何時間ものフライト。慣れていない犬の場合、飛行音が怖くて糞まみれになってしまう、なんてこともあると聞きます。何時間も飼い主から離れることになりますから、できるだけケージは犬が普段使っているものを持ち込むようにすると安心です。
あと、フライト前にお水をきちんと飲ませ、ご飯も食べさせておくと良いようです。
なるべく負担なく過ごさせてあげたいですね。

 

 

飛行機の中には、客席に犬を持ち込める場合もあるそうです。
事前に申請することで犬と一緒にフライトを楽しむことができる航空会社もあるそうなので、心配な場合は、こういったサービスを展開する航空会社を選ぶのも、海外旅行を楽しむコツかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加