暑すぎると危険!愛犬の暑さ対策

暑すぎると危険!愛犬の暑さ対策

 

犬の健康維持で最も重要なのが、「暑さ対策」です。
汗をかけない犬は、人間のように体温調節を器用にできません。体温を下げることがなかなか難しいのです。
ですから、夏はもちろんのこと、冬でも温度調節は必須。犬の暑さ対策に必要なことをまとめました。

 

注意したい「熱中症」

人間でも猛暑の中、熱中症にかかってしまうことがあります。
熱中症とは、脱水症状を起こしてしまったり、体温が上昇して体温調節をしたいるする体の機能が異常をきたす状態のことです。
この熱中症、実は犬もなりやすいのです。夏はもちろんのこと、冬も油断は出来ません。
暖房のかけすぎなどで、知らぬ間に熱中症を引き起こしている可能性があるのです。

 

暑さ対策 夏編

気温が高い夏の場合、室内のエアコンは必須です。23度から24度が犬の快適な温度。
人間にとってはちょっと寒い温度ですが、犬が快適に過ごせる温度に合わせ、人間は一枚羽織るなどの対処が必要になります。
あとは、こまめな水分補給。熱中症の大きな症状は「脱水症状」です。
水を飲んで少しでも体温調節できるようにしてあげましょう。
また、屋外にお散歩に行く場合は、時間帯を考慮しましょう。
日中は気温が高く、犬にとっては酷な環境です。
気温が上がっていない朝方か、気温が下がりはじめた夕方のお散歩をおすすめします。

 

暑さ対策 冬編

犬にとって要注意な防寒アイテムは、こたつとヒーターです。こたつの中にいたり、ヒーターの近くに居座ると、知らぬ間に体温をあげてしまっている可能性があり、脱水症状を引き起こす危険性があります。ほどほどの使用は効果的ですが、ずっとこたつで眠りこけるということは避けるように、飼い主が見守ってあげるようにしましょう。

 

 

暑さ対策は、実は季節を問わず注意しなければならないことです。
人間でもそうですが、こたつでうたた寝をしていたら、脱水症状になってしまい病院に搬送されてしまった、なんて話も聞きます。
飼い主として、犬の呼吸が荒い、ふらつくなどの症状がないか、きちんと見守ってあげる必要がありそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加