ドッグフードに含まれていたら危険【4Dミート】とは?

ドッグフードに含まれていたら危険【4Dミート】とは?

 

ドッグフード選びに気をつけておきたい原材料の一つに4Dミートがあります。
この4Dミートは人間が食べることのできない最低の肉のことなんです。

 

4Dミートは単語の頭文字からとった言葉

DEAD 死亡した動物の肉
DISEASED 病気だった動物の肉
DYING 死にかけだった動物の肉
DISABLED 障害のあった動物の肉

つまり、良質な肉ではなく、病原菌が含まれていたり、腐っている(鮮度が悪い)状態のお肉のことなんです。
想像しただけで恐ろしいものだと、容易に想像できますよね?

 

この4Dミートは、人間の食品基準を満たしていないため、人間が食べることはないですが、実はドッグフードにはこの4Dミートが含まれているものがあります。

なぜドッグフードの材料に4Dミートが使われるのか?

ズバリ、お金をかけずにドッグフードを作れるからです。
通常であれば処分される材料ですが、処分するにも当然費用がかかります。
そこで格安・タダ同然で業者が仕入れてフードを作ります。これなら激安でドッグフードがたくさん作れていまします。
悲しいですが、これがペットフード業界の現実でしょう。

 

では、4Dミートが含まれていないドッグフードをどのように選んだら良いのでしょうか?

パッケージに記載されている原材料の表示をチェックする!

◯◯ミールや肉類など、曖昧でハッキリと表記がされていなければ避けるべきです。
4Dミートなどが使われている可能性が高いです。

 

逆に「ラム肉、チキン」などと原材料に記載されているものは安心できます。
また、人間でも食べられる原材料のみ使用(ヒューマングレード)と謳っているフードも多くあります。
愛犬のために、安心・安全なドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

人間でも食べられる原材料のみ使用(ヒューマングレード)したおすすめの無添加ドッグフードをチェックするならこちら!→無添加ドッグフードランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加