体臭・口臭の原因はドッグフード?

体臭・口臭の原因はドッグフード?

犬の体臭・口臭の原因には、病気や虫歯が原因の可能性がありますが、実はドッグフードが原因の場合があります。
では、どの成分が原因なんでしょうか?

ドッグフードの脂質とタンパク質が原因

それはフードに含まれている脂質タンパク質が主な原因と言われています。

 

犬にとって、脂質とタンパク質は重要な栄養分です。
しかし、良質なものであれば問題ありませんが、肉の副産物、ミール、粉、パウダーや4Dミートと呼ばれている恐ろしいお肉を使っているフード、おやつでは、体臭・口臭の原因になってしまいます。
もちろん、脂質、タンパク質を必要以上に多く摂取してしまっている場合も注意が必要です。

添加物が多く含まれている場合も注意

また、添加物が多く含まれているドッグフードも大きな原因になっています。
人工添加物が原因で、皮膚の組織が破壊されたり、腸内のバランスがおかしくなってしまって体臭・口臭がひどくなってしまいます。

 

また、ウェットフード缶詰タイプなどは、ドライタイプと比べると歯に残りやすく、虫歯などになりやすいので、食後にしっかりと歯磨きをする必要があります。

 

定期的にシャンプーをしており、特に病気にかかっていないのに、体臭・口臭が気になるのであれば、今与えているドッグフードが原因でしょう。

臭いを解決するのにおすすめドッグフード

臭いの原因に粗悪なドッグフードであることが多い現実です。

 

「大量の人工添加物」
「4Dミートのような危険な肉類」

 

そんな粗悪なドッグフードを避け、良質なドッグフードに変えるだけで改善できてしまいます。

 

そこでおすすめなのが無添加ドッグフードです。
添加物や粗悪な原材料を使用しておらず、安心・安全な原材料しか使わずに、犬のことだけを考えて作られています。

 

添加物を使ってないのはもちろん、危険な食材を使っていないので、健康状態も良くなり臭いを防ぐことができます。
もちろん使用しているお肉、たんぱく質も良質です。粗悪な4Dミートのような材料も使っていません。

 

臭いが気になるようであれば、フードの見直しをしてみてください。

↓おすすめの無添加ドッグフードをランキング形式にてご紹介↓

<<無添加ドッグフードランキング>>


このエントリーをはてなブックマークに追加