無添加ドッグフードランキング

犬に与えてはいけない食べ物は?

人用に料理された食べ物はもちろん、その他に絶対与えてはいけない食べ物、与えないほうが良い食べ物がいろいろあります。
しかしドッグフード以外に「これは大丈夫だろう」と勝手に判断している人がいるようなので注意が必要です。
下に犬にとって危険な食べ物をまとめてみました。

 

ネギ類

犬を飼っていない人でも多く知られているのがこのネギ類です。主にたまねぎ・ねぎ・ニラ・らっきょうなど。

ネギ類に含まれている「アリルプロピールジサルファイド」血液の赤血球を壊してしまい、食欲不振、嘔吐、下痢、貧血や肝臓肥大を起こす場合もあります。
ネギ類の毒性は加熱しても消えませんので気を付けてください。

 

チョコレート・ココア

チョコレートやココアには「テオブロミン」という物質が含まれています。心臓 や中枢神経を刺激して、下痢・嘔吐・けいれん・急性心不全下痢などが発症します。
多量に摂取してしまうと、急性心不全を起こして死に至る可能性があります。
ちなみに、ミルクチョコ>ブラックチョコという具合に、ブラックチョコのほうがテオブロミンの含有 量は多いみたいです。

 

鳥や魚の骨

消化もできず、細かく砕けずに食道や内臓・腸などに刺さってしまうことがあります。
生の鶏骨は大丈夫。

 

香辛料などの刺激物

唐辛子、七味唐辛子、コショウなど、胃を刺激するために吐くことがあります。 さらに頻繁に吐く事により、胃酸で食道を傷つける可能性があります。
ナツメッグは、幻覚誘発剤になるので注意しましょう。

 

ナッツ・豆類

ピーナッツ、くるみ、アーモンドなどは消化不良を起こし、さらに、リんを多く含んでいるので尿石の原因になります。

 

イカ・タコ・エビ

イカ・タコ・エビなどは、ナッツ・豆類と同じで消化不良を起こし嘔吐や下痢の原因になります。

 

乳製品

母乳代わりなど、犬用ミルクなら安心ですが、チーズやヨーグルトの場合は、下痢が起こりやすいです。
チーズに関しては塩分が多いので注意が必要です。

 

ミ ネラルウォーター

問題がない商品もありますが、マグネシウムが多く含まれている場合は、結石の原因になる場合があります。与える前に成分の確認が必要です。

 

ジャ ガイモの芽

ソラニンという毒素が含まれており、嘔吐、下痢、発熱、血圧低下などの原因になります。

 

赤ちゃん、小さい子供がいるご家庭は特に注意
意外と気付いていない方が多く、気を付けなければいけないポイントがあります。
それは、赤ちゃん・小さい子供がいるご家庭は注意です。
赤ちゃん、子供は与えて良い食べ物、悪い食べ物の区別がつきません。
何気なく、手に持っている自分のお菓子などを犬にあげたりしがちです。
子供がいる家庭は注意してください。

 

何気なく与えている食べ物、人の不注意によって食べてはいけないものを食べてしまう。
犬はすべてが分かるわけではありません。
飼い主がしっかりと理解して間違った食べ物を食べないように気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加