無添加ドッグフードランキング

無添加フードと手作りフードはどちらがいいの?

犬のご飯と言えばドックフードだと思いますが、一般的に売られているドッグフード(総合栄養食)と手作りフードがあります。
飼い主さんよっては市販のドッグフードは危険だから自分で作っているという方もいらっしゃいます。

 

もちろん手作りよりも販売しているドッグフードは栄養が計算されているから良いといも言われ両方の考え方が議論されていたりします。

 

そんなドッグフードと、手作りの食事のメリット・デメリットはそれぞれ何があるのか?

 

ドッグフードのメリットには、栄養バランスが計算されていて、時間と手間がかからないのが大きなメリットです。
一般的に売られている市販のフードには、パピー用〜シニア用までの年齢別やアレルギー、肥満犬用、犬種別までさまざまなタイプがあるのが存在しています。
さらに手作りと比べ、保存性が高く、長期保存にも適しているのが良いところです。

 

デメリットは、体に悪影響を及ばすと言われている添加物や安価のフードに見られる量を増させる為に犬にとって必要でない成分が多く含まれているものなどが見られます。
また、保存が長くできるよう保存料、酸化防止剤などを使用している場合があり、そういったフードを長期間摂取することになるので、体に負担をかけてしまう可能性があります。

 

手作りフードのメリットは、飼い主さん本人が作るので、材料に何を使っているかがはっきり分かっているので、安全なフードを作れます。
添加物を避け、ワンちゃんにあった食事を与えることができます。そしてドッグフードと大きく違うのが、食事を通して愛犬に愛情が注ぐことができます。

 

デメリットは、毎日毎食手作りになると、時間が掛かり飼い主に負担がかかってしまいます。もちろん家族の一員なので当たり前のように作れるとは思いますが、食材・栄養についても、最低限学ぶ必要がでてきます。

 

また、ドライフード並みの栄養価を実現するのが難しいところもあります。
意外と見落としがちなデメリットが、地震などの災害の場合に食べさせることができなかったり、飼い主が病気などで入院しているとその間は作れなくなってしまうこともあります。

 

ドッグフードも手作りフードも、 それぞれメリット・デメリットが存在します。
手作りフードの場合、どうしても毎食だと時間的にも難しかったり、市販のフードの安全性に疑問をもたれている方もいらっしゃると思います。

 

そこでおすすめなのが無添加ドッグフードです。

 

市販のフードには添加物が多く含まれていたり、犬に負担がかかる成分が含まれていたり、原材料も詳しく表記されていないものも存在します。
無添加フードは、呼んで字のごとく、添加物が入っておらず、原材料も詳しく表記されているので安心して与えることができます。
素材もこだわり抜かれており、犬が本来必要としている成分で作られているので、消化にもよく、愛犬の免疫力向上や病気の改善などが見られます。
また、食いつき具合も良くとても人気があります。

 

もちろん、手作りと比べ作る時間がかからないので時間的デメリットもなく、保存するのにも、天然のハーブなどを使っているので安心して保存することもできます。
災害時などの場合も、いざとなったとき対応できるように小分けで準備しておいたり、飼い主さんが突然倒れても、知り合いに食事をお願いすることもできます。

 

なので私の場合は無添加ドッグフードのメリットが大きく感じ、うちの子には無添加ドッグフードを与えています。

 

メリット・デメリットを良く考えて、飼い主さんが一番良いと思う食事を選んでみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加