無添加ドッグフードランキング

酸化防止剤を確認しよう

多くのドッグフードには、腐らないようにする為に酸化防止剤が入っています。

 

それは、ドッグフードに含まれている油脂成分が酸化し、それを摂取すると愛犬にを及ぼしてしまいます。
その為、油脂成分を多く含んでいるフードには必ず酸化を防止する対策が必要となっています。
でも、その酸化防止剤というものが犬にはとても危険なんです。

 

よく聞くのが、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)・エトキシキンと言われるものです。
BHT・BHAは、ガソリン酸化防止のために合成された化学物質で、物質自体が酸化することによって脂質の変化を防止するという添加物です。
これ…なんと発がん性がある成分なんです。

 

一方、エトキシキンは、日本で人の食品に使用することを禁止しており、さらに、農薬としても使うことを認められていません。
過去にベトナム戦争で使用さ れた枯葉剤の酸化防止剤として使用された歴史もあるとても恐ろしい成分なんです。

 

ペット安全法では、酸化防止剤に対して基準値を定めています。
ですが基準を満たしたフードによる健康被害の報告はないとされていますが、もしこのような成分が少しでも入っているなら愛犬には絶対与えたくないですよね。
特に安価な粗悪なフードには注意が必要です。
この酸化防止剤が使われているものがある可能性があります。。

 

ただし、酸化防止剤は人工的に作られたものだけではありません。
例えばハーブは天然の酸化防止剤として利用されています。
天然の酸化防止剤を利用しているドッグフードでよく見られるのが無添加ドッグフードです。

 

酸化防止剤を気にしているなら、天然の酸化防止剤を使っている無添加ドッグフードを与えてみてはいかがでしょうか?

 

安心・安全な無添加ドッグフードを見てみるならこちら⇒おすすめの無添加ドッグフード

このエントリーをはてなブックマークに追加