涙やけを起こしやすい犬種

涙やけを起こしやすい犬種

 

あなたの愛犬、涙やけになっていませんか?
涙やけは、涙腺という涙を出す腺が詰まり引き起こされるもの。

 

涙が溢れてしまい、目の周りの被毛が常に濡れている状態に。
この濡れた状態が続くと細菌が増え、被毛の色を変えてしまうんです!
そうです…これが、涙やけです。
実はこの涙やけには、犬種によってなりやすい犬種とそうでない犬種とあるってご存じでしたか?

 

涙やけになりやすい犬種

涙やけになりやすい犬種は、プードルにシーズー、パグ、ブルドッグ、チワワなどです。
これらの犬種にはある共通点が。
それは、鼻が短い、先天的に涙腺が短い、といった点。
特にシーズー、パグやブルドッグなどは鼻が短く、鼻が詰まりやすいほどです。
そのような特徴のある犬種は、目と鼻の距離が近いため、涙が溢れやすくなるのだそうです。
さらに、プードルやチワワなどの犬種は、涙腺がもともと短い子が多いのです。
また、目が大きい犬種は涙の量もたくさん必要でたくさん分泌されるので、涙やけを起こしやすいと言われています。

 

涙やけは防げる!

涙やけを起こす原因は、過剰に分泌される涙。
この多すぎる涙を引き起こすのには、ある原因があるのです。
様々な原因がある中、注目したいのは「ドッグフードの種類によるもの」ということ。
実は、消化吸収のしにくいドッグフード、つまり添加物などを大量に含むドッグフードは涙腺を詰まらせる原因になり、涙やけを引き起こす大きな要因になるのです。
それは逆に、添加物を含まない良質な無添加ドッグフードを食べさせていれば、涙やけは改善できるということです。
関連記事⇒涙やけを改善するドッグフードの選び方

 

 

添加物などは犬にとって消化吸収しにくいもの。
きちんと消化できないとどうなるかというと、老廃物として体内に蓄積されてしまい、涙腺を詰まらせる原因になってしまうのです。
ご自身の愛犬の涙やけが気になり始めたら、まずはドッグフードを変えることからはじめてみませんか?

 

当サイトオススメのドッグフードはコレ⇒アランズナチュラルドッグフード


このエントリーをはてなブックマークに追加