アイムスの成分とその安全性

アイムスの成分とその安全性

メジャーなドッグフードブランドの一つ、「アイムス」。
テレビCMや広告などでブランド名をご存じの方も多いのではないでしょうか。
そんなアイムス、気になるのが「ペットの体に良いのか?」ということ。
毎日与える食事ですから、安全性は気になりますよね。
今回は「アイムス」の安全性についてまとめます。

アイムスに含まれる成分

アイムスのドッグフードの原料を見てみると、最初に書かれているのが「家禽類」
つまり動物性タンパク質です。
しかし、ここで注意したいことが。
「動物性タンパク質」というと、私たちが普段食べている肉類を思い浮かべますよね。
しかし、ドッグフードで使われる動物性タンパク質は、人間が食べない部分、つまり通常廃棄される部分なのです。
そんな部位では、理想とするタンパク源はとれません。
栄養バランスはとれているのですが、その成分のほとんどは、サプリメントのような化学物質で補っているのです。

アイムスの安全性

日持ちをさせるために、通常ドッグフードには「保存料」などの添加物が含まれています。
アイムスも天然由来の保存料が含まれています。
天然由来なので命を脅かすほどではないのですが、やはり添加物は添加物。
経済的に日持ちするドッグフードは助かるのですが、愛犬の健康を思うのであれば、天然由来のものであっても避けるべきでしょう。

 

購入しやすく、日持ちもする。価格も安く飼い主には良いことずくめですよね。
ただ、犬の健康を考えると、ベストとは言い難いようです。
そこでおすすめしたいのが、「無添加ドッグフード」。
添加物を一切含まない、安心安全なドッグフードなんです。
添加物を含まない代わりに、日持ちがせず割高。
ただ、愛犬の健康を一番に考えるのであれば、是非手にとっていただきたいドッグフードです。


このエントリーをはてなブックマークに追加